シロアリ忌避用変成シリコン剤
高持続で安全 無溶剤 速乾シーラント

シロアリの進入をSTOP!
新築時やリフォーム時に
シロアリ対策を!!

昨今、基礎断熱工法が徐々に増加してきている中、
断熱材は一般的にシロアリの被害を
受けやすいとされています。

断熱材目地部・配管貫通部の隙間などに防蟻処理が可能な
変成シリコン剤「ガードシーラント460」
安全性の高い「エトフェンプロックス」を配合し、
作業性が良好な速硬化タイプのシーリング剤です。

wonder_3.png

安全な防蟻薬剤を
使用

忌避成分「エトフェンプロックス」は、他社防蟻剤で使用されている劇物薬剤ではないため、安全です。

crack_2.png

薬剤の持続性が
高い

特殊技術で組成された薬剤は、常に表面に存在しています。その技術の残存率により、約10年相当の持続性となっています。

gs460_pict03.png

無溶剤のため
素材を痛めない

断熱材を溶かす溶剤分を含んでいないほか、作業性が良好な速硬化のため安心してご利用いただけます。

ココが凄い1

安全性な防蟻薬剤を使用しているので、安心

忌避成分「エトフェンプロックス」は、他社使用防蟻剤に比べ安全性が高いです。

guardsealant460_ksg1.jpg

ココが凄い2

効果が長く持続されます

自然に揮発・蒸発することがない仕組みのため、常に表面に薬剤が存在し、優れた忌避効果を持続します。その技術の残存率により、約10年相当の持続性となっています。

guardsealant460_ksg2.jpg

prom-great-3.png

無溶剤のため、断熱材を溶かす心配がなく
安心

断熱材目地部、配管貫通部の隙間、水抜き穴のシールなど、防蟻処理が必要な箇所に、断熱材を溶かす溶剤分を含んでおらず、作業性が良好な速硬化タイプのシーリング剤です。

guardsealant460_ksg3.jpg

ガードシーラント460 の特長
ガードシーラント460 の用途と施行例
ガードシーラント460 の用途と施行例
ガードシーラント460 の種類
ガードシーラント460 の 一般性状・性能特性
ガードシーラント460
単品から注文承ります。お電話でのご注文はこちらからTEL03-3200-7289

お電話での注文承ります
TEL:03-3200-7289

製品購入ページはこちら
guardsearant460_Specification_2017.pdf